Home » Twitterで知り合った痴女

Twitterで知り合った痴女

普段の様にゲームアカウントでTwitterで遊んでいるとひょんな事からとある女性と知り合いツイキャス等でやりとりしていました。
しばらくして、SkypeのIDを交換したらそれからSkypeで話すようになり、ある日唐突にSkype通話中に向こうから顔出し動画で身体を露出して来ました。
最初は胸の谷間等のまださほどの様でしたが段々と過激になっていき、乳首の露出はおろか局部も見せて来る様になりこちらはビデオ通話にしていない状態で自慰行為を見せられるまでになりました。
こちらとしても好みのタイプだったので向こうから誘いがあったのもあり一度会って実際にと思っていたのですが、Skypeを終えて一度冷静になると、実際に会って行為に及んだ場合のリスクに気付きました。
美人局の可能性は皆無だとしても他の男にも誘いをかけている可能性はかなり高かったですし、何よりもネット上で知り合っただけの相手に自分から局部や自慰行為を見せて来るという時点でこちらとしては正気を疑ってしまいました。
当然ながらそのエロイプ内容は筆者には良いものだった事に変わりはありませんが。
そういう理由で少し身の危険を感じたので、わざと相手が怒りそうな事を会話の中にさらっと入れて向こうから嫌われる方向にしました。
Skypeの特性でアカウントは無限に作れるのでアカウントの削除も検討しましたがTwitterのアカウントがはっきりと相手に伝わっている以上下手な事は出来ずそういう方面で上手く嫌われて別れる事になりました。

仕事中の女性とスリルなエロイプ

福祉の仕事をしている女性から、チャットが入ってきました。
「今仕事中なのに、いいんですか?」
というと、彼女もすごくその気になっていて、エロイプが始まったのです。
夜勤中で一人なので、仕事中に何かが起きなければ、特に何もする事はないといいます。
仮眠をとるにも、なんだかアソコがソワソワして、チャットをしたといいます。
エッチがしたくて仕方がなく、オナニーをしながらチャットをしているとの事。
「仕事中ということを知りつつも、お構い無しに、私は彼女に沢山言葉攻めをしました。」
「そんなこと・・・仕事中なのにそんなことまでできない・・・」
「でも、仕事中にオナニーしてチャットしてきたの、そっちでしょ」
「そうだけど・・・」
そんな会話をしつつも、彼女への言葉攻めを続け、彼女もまた、言葉攻め通りに、乱れてくれました。
「職場でこんなに恥ずかしいことするの・・・初めて・・・」
「いつもより感じる?」
「スリルがあっていつも以上に感じちゃう・・・」
キスをする音や、おっぱいをしゃぶっている音などを聞かせると、それだけで彼女イってしまいました。
すごく満足そうな彼女は、引き続き仕事を頑張りますといって、スカイプを終えました。
仕事中にエロイプをした彼女がすごく性欲旺盛だったのかなと思ってしまいましたが、そんな女性はすごく好きです。
彼女とエロイプをしたのは、今回が2回目でした。
でも、1回目のエロイプがたぶん普通だったのか、あまり記憶にはないんです。

控えめな女の子にエロイプで意地悪

今回の彼女はおとなしくて控えめな女の子。
自分からはあまり話さない女の子でしたが、実はもうしたくてうずうずしていたのだとか。
雑談はいいから、早くエッチがしたいと言われているように、乱れていました。
私は小声で彼女にエッチな発現を囁くと、彼女の口からあえぎ声が漏れてきました。
ちゅーってしたらさっきまで無言だった彼女の口からは、大胆な言葉があふれ出してきたのです。
「もっとして・・・ギューってしてほしい・・・ちゅーしたい」
さっきとのギャップがすごく興奮するくらいに、大胆になっていく彼女。
本当にエッチがしたかったんだなと思いました。
言葉攻めで指示をして、おっぱいを触ってみたり、アソコをいじってくれる彼女。
いろいろなアングルでアソコをいじって私に見せてくれます。
そして、ピンポイントに来ると、彼女はいきそうになってしまい、私はその動きを寸止めさせます。
彼女を焦らすと、すごく切ない表情をし、その表情がなんともいえずエロ可愛いんです。
エロ可愛すぎてもっと苛めたくなってしまいます。
何度も彼女を焦らすと、涙をためながら「もう・・・イかせてください・・・!!」
と私に懇願するので、私は彼女を思い切りイかせて上げました。
すごい勢いで絶頂する彼女に私はさらに興奮し、私も思い切り射精したのでした。
私は基本的にSなので、Mっ気のある女の子が大好きです。
今回の彼女みたいな女の子は私にとって、アタリだったように思います。
控えめな彼女ですが、エロイプは毎日の日課なんだとか。

欲求不満の人妻と昼間にエロイプ

ツイッターとかSNSで人妻と仲良くなったりします。
中には色気の有る人妻もいてヤりたいと思う事も有ります。
中でも沙織さんという30歳の人妻は色気がかなり有りました。
水着姿の写真を見たのですが、爆乳だし括れてるしスラっとした体型で人妻とは思えないセクシーさです。
そんな沙織さんと色々とメールをしているうちにお互いカメラあるしスカイプしてみようとなりました。
最初は世間話からはじめて、沙織さんとセックスして見たいとか言って見ます。
沙織さんは笑いながら、おばさんをからかっちゃダメとか余裕の雰囲気を出してましたが、沙織さんとセックスできる旦那が羨ましいと言うと、セックスレスで全然してないよと言います。
畳み掛けるように、自分なら毎日するのにや今も谷間見て興奮してるとか言います。
沙織さんも乗ってきたのか、見せようかと言います。
見たいと即答すると、ちょっと待っててねと言い席を離れました。
すると、下着姿の沙織さんが戻ってきました。
黒のレースが付いた上品な感じだけセクシーな下着です。
それだけで勃起します。
沙織さんに勃起した事を言うと、見せてとお願いされました。
見せると、旦那のより気持ち良さそうと言います。
沙織さんも濡れてきたとか言います。
オナニー見せ合いしようかと誘うと良いよと言います。
沙織さんはブラを取り、おっぱいを揉んでいると少しずつ喘ぎ出します。
下も触ってと言うと、見せつけるようにパンツの上から触っていきます。
クリが好きなのか、クリの辺りを指先で擦るようにしています。
中も触ろうかと言うと、パンツを脱いで指を入れていきます。
沙織さんの喘ぎ声とグチュグチュという音が響きます。
沙織さんはもうダメッイっちゃうと言うと、身体をビクッと震わせイきました。
自分もそれに合わせて射精しました。
沙織さんはこういうの初めてで気持ち良かったと満足げです。
今度は本物で突いてほしいなと言われたので、都合つけて会おうという話になりました。
その日から昼間に大丈夫な時は沙織さんとエロイプしてオナニー見せ合いなんかもしたりする仲になりました。